大型メガソーラー(特別高圧)

事例紹介

まとまった敷地にて大規模産業用発電所として稼働しております。売電事業として大きなメリットがあります。1つの発電所で平均的な家庭数千世帯相当の電気を発電できます。一方で、特別高圧という非常に特殊な設備への連系となるため、電気主任技術者の専属選任や、技術的な課題など大きなハードルが発生します。また、行政機関に対する開発の許認可等も多く必要になります。

 

大型メガソーラー・特別高圧

物件名:広島県安浦第1発電所
発電規模:6,000kW
パネル枚数:44,320枚
パネルメーカー:ソーラーフロンティア
発電開始:2014年3月1日
想定年間発電量:約9,568,000kWh (一般家庭約2,650世帯分)

 

 

 

鹿児島県鹿屋市下高隈太陽光発電所

【建設中】

物件名:(仮)鹿児島県下高隈第1発電所
発電規模:約11,000kW
パネル枚数:約70,000枚
パネルメーカー:ソーラーフロンティア
想定年間発電量:約15,000,000kWh(一般家庭約4,150世帯分)
着工:平成26年9月
竣工:平成27年3月(予定)

Plugin creado por AcIDc00L: key giveaway
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: posicionamiento web